インド ジュリアンピーク農園 500g(深煎り)

「インドのコーヒー」
少し聞き慣れないかもしれませんが、実は世界の生産量10位以内に入るコーヒー大国。

あまり聞き慣れない理由は日本の生豆輸入量が1位のブラジルと比べてわずか0.1%台だからかもしれません。

店主もインドのコーヒーとして真っ先に思い浮かべるのはネスカフェのインスタント。

お店を始める前、ちょうど7年ほど前インドに1ヶ月ほど居ました。

ムンバイ、デリー、ダラムサラ、マナリー、レー、スリナガル、と回りましたが
どこもコーヒーといえばネスカフェ。

当時はまだそこまでコーヒーに執着していなかった為、産地とは逆の北へ北へと向かっていました。

コーヒーの産地、南インドに行けば本格的なインドコーヒーを味わえたかもしれません。

以下、商品説明です。

__________________________________________________________________________________________

このジュリアンピーク農園は、南インド カーヴィリピーク地区内でトップクオリティの産地です。急勾配に植えられたコーヒーツリーは良質な酸を持ち、深く煎ることで豊かなコクと後味にほんのりココアの様な甘味が余韻として残ります。

【地域】カーヴィリピーク ジュリアンピーク農園
【標高】1,600m
【規格】AA
【精選方法】ウォッシュド
【品種】ケント・S795

__________________________________________________________________________________________

photo by @yasuo_okawa
https://www.yasuookawa.com/
状態の選択
購入数
Soldout