ミャンマー ジーニアス ウォッシュド 嫌気性発酵 200g(深煎り)

ミャンマーのコーヒーは、アメリカでは東洋のパナマと称されるほど、東南アジアで美味しいコーヒーができる新しい産地として近年注目を浴びています。

ユアンガンのコーヒー産業もまだまだ発展途上ではありますが、環境に配慮した栽培手法や精製方法の導入にも取り組んでいます。また2018年には地域最大の精選場をオープンし、ユニークな発酵方法や比重選別機の導入など、品質向上への挑戦を続けています。

今回のウォッシュドは“嫌気性発酵”という方法で仕上げられています(別名:アナエロビックファーメンテーション)。嫌気性発酵とは空気(酸素)に触れない状態で活動する微生物の働きで有機物を分解する発酵方法です。低温で空気にふれないように発酵させて仕上げます。

飲み始めは軽く、最後はどっしりな深煎り。またシルキーな後味も特徴のコーヒーです。


【地域】ミャンマー シャン州 ユアンガン
【標高】1,400ー1,600m
【精選方法】ウォッシュド
【品種】カツーラ、カツアイ、サンラモン

※こちらの商品はコーヒー豆合計400gまでをひとまとめにしてメール便(¥260)でお送りできます。
販売価格
1,400円(内税)
状態の選択
購入数